北海の暴れ竜 (1966) / Rampage Dragon at North Sea

「非行少女ヨーコ」の神波史男と「骨までしゃぶる」の佐治乾が共同でオリジナルシナリオを執筆し、「カミカゼ野郎 真昼の決斗」の深作欣二が監督したアクションもの。撮影は「可愛いくて凄い女」の山沢義一。
キャスト:梅宮辰夫、山城新伍 ほか

・ U-NEXT : 北海の暴れ竜 (1966) / Rampage Dragon at North Sea

北海の暴れ竜 (1966) / Rampage Dragon at North Seaのあらすじ

北海道の小さな漁港神別に一人の男が現われた。以前は大網元だった山形家の次男である次郎だった。久し振りに帰った次郎は、自分の家が落ちぶれ、神別の漁師たちがやくざの芦田一家の言いなりになっているのを見て、決意するところがあった。博奕に手を出しては、酒を飲む次郎に皆は冷たかったが、大船頭の力三だけは、次郎が隙があったら芦田組へ殴り込みをかけようと虎視眈々狙っていることを知っていた。この次郎の真意を知らず、彼のだらしない様に愛想をつかした弟の真吉は仲間と芦田組へ殴り込んだ。芦田組が獲った魚を二束三文で買ったのだ。だが、芦田の息子の元は冷酷非情な男で、真吉を無惨なやり方で殺してしまった。真吉の遺骸を見てさすがに弱気の漁師たちも結束した。そして、山形一家を中心として芦田一家に対抗し始めたのだった。ちょうどその時、大魚群が神別の沖に来て、魚の買いつけをめぐって双方は正面衝突する状態になった。元は用心棒の熊井に次郎を殺すよう命じたが、次郎の心意気に惚れ、しかも、常日頃から元の冷酷さを嫌っていた熊井は次郎の味方になってしまった。そして、漁師たちの抵抗を受けた芦田一家は次第に衰えていった。しかし、焦った元が鉄砲を持ち出して盲ら射ちを始め、さすがの次郎もそれには手を焼いた。一方、熊井はこれを見て、愛用のドスを握ると元に体当りをくれたが、二人は相討となって息絶えた。元の父軍平は、日頃は強欲で鳴らしていたが、息子の変り果てた姿を見ては平静でいられない。元の亡骸にとりすがって泣くのだった。それを見た次郎は、すっかり殺意をなくし黙って去っていった。

関連記事

  1. 顔役 (1965) / Boss

  2. 日本暴力団 組長 (1969) / Japanese Mafia’s Boss

  3. 博徒外人部隊 (1971) / Gamblers in Okinawa

  4. 血染の代紋 (1979) / Bloodstained Clan Honor

  5. 解散式 (1967) / The Break-up

  6. 博徒解散式 (1968) / Gambler’s Dispersion

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。