ジャコ萬と鉄 (1964) / Jakoman and Tetsu

昭和21年(1946年)、漁師頭の九兵衛は稀に見るニシンの豊漁に備え、出稼ぎ漁師達を集めさせたが、その中に古い因縁を持つ男、ジャコ萬がいたことに驚く。梶野悳三の『鰊漁場』より「天国と地獄」の黒澤明と谷口千吉が共同でシナリオを執筆、「ギャング同盟」の深作欣二が監督したアクションドラマ。撮影は「続・王将」の坪井誠。1964年のリメイク映画化された。
キャスト:高倉健、丹波哲郎、江原真二郎、山形勲

・ amazon : ジャコ萬と鉄 (1964) / Jakoman and Tetsu
・ amazon prime : ジャコ萬と鉄 (1964) / Jakoman and Tetsu
・ Hulu : ジャコ萬と鉄 (1964) / Jakoman and Tetsu
・ U-NEXT : ジャコ萬と鉄 (1964) / Jakoman and Tetsu
・ d-TV : ジャコ萬と鉄 (1964) / Jakoman and Tetsu
・ Youtube : ジャコ萬と鉄 (1964) / Jakoman and Tetsu

ジャコ萬と鉄 (1964) / Jakoman and Tetsuのあらすじ

終戦後間もない北海道カムイ岬、九兵衛一家は前科者の多い出稼漁夫を使ってぼろい儲けをしていた。ある日出稼漁夫を相手に暴れまわる片目の男をみて九兵衛はガク然とした。ジャコ万(丹波哲郎)というその男はかつて九兵衛に船を盗まれソ連に抑留されたのだ。復讐に燃えるジャコ万の出現に困り果てる一家の許へ、嵐の海へ行方不明となっていた九兵衛の息子、鉄(高倉健)が舞い戻って来た。ジャコ万と鉄、荒くれ者の二人はことごとく対決したが、鉄はジャコ万から父が船を盗んだ事を知らされ愕然とした。そんな時、ジャコ万を追いかける女ユキがあらわれた。邪険にあつかうジャコ万に、鉄は何かと親切に番屋で雇ってやるのだった。業つくばりの九兵衛と出稼漁夫の間は決してうまく行ってなかった。大時化の夜一向に歩を出さない九兵衛に出稼漁夫はストライキを起こした。たかをくくっていた九兵衛も一同を代表して鉄が割増金を要求したのを見て、要求をのむしかないと悟った。ニシンの大群を前にして、驚喜して浜へ走る漁夫を後にジャコ万は九兵衛の前に立ち塞がった。鉄がその危機の中に割って入った。出稼漁夫の乗る船の元網を切ろうとするジャコ万、それをさせじとする鉄。乱闘は続いた。が、力強いかけ声の響く中、ジャコ万の復讐心は次第に消えていくのだった。そんな「ユキと一緒にほっ建て小屋でも建てろよ」と札束を放り投げる鉄は、またさびしく海へ出ていった。

関連記事

  1. 宇宙からのメッセージ (1978) / Message from Space

  2. 暴走パニック 大激突 (1976) / Great Collision

  3. 狼と豚と人間 (1964) / Human Wolves

  4. いつかギラギラする日 (1992) / The Triple Cross

  5. 風来坊探偵 岬を渡る黒い風 (1961) / Black Wind across the Cape

  6. 風来坊探偵 赤い谷の惨劇 (1961) / Wandering Detective: Tragedy in Red Valley

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。