華の乱 (1988) / The Rage of Love

大正時代、愛に芸術に社会運動に情熱を燃やした人々の姿を描く。永畑道子原作の小説『華の乱』『夢のかけ橋』の映画化で、脚本は「必殺4 恨みはらします」の深作欣二、「紫式部 源氏物語」の筒井ともみ、「ウェルター」の神波史男が共同で執筆。監督は深作、撮影は「花園の迷宮」の木村大作がそれぞれ担当。
キャスト:吉永小百合、松田優作、池上季実子

 ・ amazon : 華の乱 (1988) / The Rage of Love
 ・ amazon prime : 華の乱 (1988) / The Rage of Love
 ・ Hulu : 華の乱 (1988) / The Rage of Love
 ・ U-NEXT : 華の乱 (1988) / The Rage of Love
 ・ dTV : 華の乱 (1988) / The Rage of Love
 ・ GYAO : 華の乱 (1988) / The Rage of Love
 ・ Youtube : 華の乱 (1988) / The Rage of Love

華の乱 (1988) / The Rage of Loveのあらすじ

晶子は若き日に親兄弟を捨てて歌の師である与謝野寛と結ばれた。大正12年、晶子も39歳になり、11人の子持ち。夫はウツ病がひどかった。晶子は「明星」に発表した詩が称賛とともに非難を浴び、世間に知られるところとなった。そんな時作家の有島武郎と知り合い、ときめきを覚えた晶子は家族ぐるみのつき合いをするようになった。有島にはいつも美人の雑誌記者・波多野氏がついていた。ある日夫が郷里で選挙に立候補して落選、そのままかつての恋人・登美子と暮らすようになった。晶子は子供達を気にかけながらも有島の北海道行きに同行。晶子は有島に愛を告げたが、帰宅すると病気のまま放ったらかしにされた子供たちから非難された。それから数日後、有島は秋子と心中した。秋子から晶子への遺書にはふたりの心情が記されていた。有島は秋子を愛し互いに死を約束していたが、晶子と会ったことで生と死の間をさ迷っていたのだった。

関連記事

  1. 道頓堀川 (1982) / Dotonbori River

  2. 蒲田行進曲 (1982) / Fall Guy

  3. 上海バンスキング(1984) / Shanghai Rhapsody

  4. 軍旗はためく下に (1972) / Under the Flag of the Rising Sun

  5. おもちゃ (1999) / The Geisha House

  6. 君が若者なら (1970) / Our Dear Buddies

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。